パウレックの企業情報

HOME企業情報 > 社長メッセージ

社長挨拶

 パウレックは、医薬品産業、食品産業、さらにさまざまな化学産業に用いられ、私たちの生活を根底から支え続けている粉体や粒子の加工技術に関して、独自の技術開発を続け、「造粒」「乾燥」「粒子コーティング」「錠剤コーティング」をコア・コンピタンスとし創業以来60年以上にわたり、その技術を蓄積してまいりました。

 さらに医薬品の錠剤や電池などの製造に用いる粉体圧縮成型技術の一つである「打錠機」、
さらには錠剤のひとつひとつに文字などを印刷できる「錠剤印刷機」など世界最先端の提携先技術も取り入れ、特に医薬品産業では錠剤や顆粒剤などのいわゆる固形製剤の製造技術においては、その生産工程のほぼすべての技術を当社一社で担える「ワンストップソリューションプロバイダー」としての体制を構築してまいりました。

 高品質な「ハードウェア」のご提供はもちろんのこと、いかに装置の性能を最大限に発揮し、最適な粉粒体加工を行うかという「ソフトウェア」の技術構築についても独自の研究活動およびお客様や大学や公的研究機関との基礎研究活動によって永年にわたりノウハウを蓄積してきています。さらに実生産設備において安定した装置の制御を行うための「計装制御技術」から、生産設備全体の総合的な「エンジニアリング」のご提案ができますよう日々努力を積み重ねてきてまいりました。

パウレックは、医薬品・粉粒体製造の研究開発から生産技術を通じ、 人々の健康と生活品質の向上に貢献します

 これは当社の存在価値(ミッション)を明確に認識し、それに向かって進み続けるために役職員全員がすべての業務の念頭に置くキーワードです。
わが国の産業を取り巻く環境はめまぐるしく変化を続けてきており、粉粒体を用いた技術も求められる革新のスピードがますます高まってきています。またグローバル化、ボーダレス化も着実に進んでまいりました。
 そのような環境変化の中でもやはり「日本の物創り企業」として常に粉粒体加工技術をリードし、さらにその枠にもとどまらない新たな技術開発と、独自技術の継続的かつスピード感のある研鑽と蓄積で、皆様が目指される新たな技術開発目標への到達と皆様の高品質で安定した製品生産の実現に向けて、皆様の心強い技術パートナーとして信頼される企業となること、さらには医薬品、食品、化学品、電池等の分野での当社の粉粒体加工技術を通じて、その先にある人々の健康や生活のお役に立てる企業となることを、そのような企業であり続けることを目指してまいります。
今後とも皆様の変わらぬご指導ご鞭撻をよろしくお願い申し上げます。

平成28年10月
代表取締役社長 夏山 晋

chmn

取締役会長

高嶋 武志

代表取締役社長
夏山 晋