パウレックの製品情報

HOME  > 製品情報 > 流動層造粒乾燥コーティング装置

流動層造粒乾燥コーティング装置




微粒子コーティング・造粒装置複合型流動層 SFP(SUPER FINE PROCESSOR
グローバル規格!耐圧12バール流動層
  • 爆発放散口が不要で、設置場所を選びません。
  • 爆発時の作業者への安全、環境保護、二次災害の防止を確保します。
  • 安全なグローバル規格。

↑ページのトップへ

特徴 feature
爆発の危険因子

流動層では酸素、燃料(粉体)、着火源(静電気)が共存しているため爆発の危険性があり、常に静電気の除去対策が必要であります。

爆発の危険因子
爆発の危険因子
耐爆発圧力衝撃構造

 国内の安全および爆発安全に対しての専門家評価機関が世界での実績が多いGlattの流動層乾燥機PROシリーズをもとに構造および性能について技術的に妥当性を検討されました。欧州規格EN 1127‐1及び14460ならびにドイツ技術者協会指針VDI 2263に準拠して設計、製造、検査された耐爆発圧力衝撃構造の流動層乾燥機は想定される可燃性物質の爆発があった場合に、装置が破壊されることなく、安全に封じ込める構造であるとの見解が出されました。これにより、医薬品工場で爆発ガスの放散により人体や環境に著しい影響を与える場合の特例処置として労働安全衛生規則の監督官庁から設置が認可されました。


EN規格

欧州規格。欧州で広く国家規格としての地位(国家レベルでの実施を義務付け)を与えられ制定されているCEN規格。1127‐1は爆発の予防と防護、14460は爆発に耐える装置について規定しています。


VDI

ドイツ技術者協会。約25の分野にわたり専門家を組織する欧州最大の技術者協会。2263では耐爆発圧力衝撃構造に対して詳細に規定しています。


【第3者機関による認定】 爆発実験による検証と安全性 評価研究団体(FSA)の証明

 Glatt耐爆発圧力衝撃機の安全性はFSA安全性試験所にての爆発実験により缶体の強度、シール部の密閉性、緊急遮断弁の性能を評価し、外部へ影響をおよぼさない構造であることを検証しております。


証明書・実験

↑ページのトップへ

仕様 specification
WSG PRO

WSG PRO


形 式 15 30 60 120 200 300
製品容器総容量 〔L〕 65 145 290 525 800 1200
最大仕込み量 〔Kg〕 32.5 72.5 145 262.5 400 600
最小仕込み量 〔Kg〕 10 22 44 79 120 180
風 量 〔m3/min〕 20.8 33.3 50 75 100 133
サイズ W×H 〔mm〕 1200×3130 1300×3350 1500×3650 1700×4100 1900×4450 2200×4760

かさ密度 0.5g/mLとする

GPCG PRO

WSG PRO


形 式 5 15 30 60 120 200 300
製品容器総容量 〔L〕 34 65 145 290 525 800 1200
最大仕込み量 〔Kg〕 17 32.5 72.5 145 262.5 400 600
最小仕込み量 〔Kg〕 5 10 22 44 79 120 180
風 量 〔m3/min〕 12.5 20.8 33.3 50 75 100 133
サイズ W×H 〔mm〕 1300×3800 1500×4230 1700×4620 1900×4950 2200×5300 2400×5600 2600×5750

かさ密度 0.5g/mLとする

可燃性粉じんの爆発指数の例 (独)産業安全研究所技術指針より抜粋
粉じん Pmax Kst St
アジピン酸 8 97 1
アスコルビン酸 9 111 1
ステアリン酸カルシウム 9.1 132 1
デキストリン 8.8 106 1
ラクトース 7.7 81 1
粉じん Pmax Kst St
コーンスターチ 10.3 202 2
セルロース 9.7 220 2
ポリビニルアルコール 8.9 128 1
ポリプロピレン 8.4 101 1

医薬品製造に用いられる原料のほとんどがPmax<10×102kPa≒10bar


↑ページのトップへ