パウレックの製品情報

HOME  >  製品情報  > マイクロフルイダイザー

マイクロフルイダイザー


マイクロフルイダイザー
マイクロフルイダイザー技術の安定した高い剪断力。
  • より小さい粒子
  • よりシャープな粒度分布
  • より高い再現性
  • 保証されたスケールアップ


マイクロフルダイザーM-110P
特徴 feature

MFIC

M-110P モデルは、連続的な作動圧力を最大で200MPa 以上に確実に保つように設計されています。 マイクロフルイダイザーは単位液量あたりのエネルギーを最大化することで、均一なナノ粒子の生成を可能にしました。

マイクロフルダイザーM-110EH
特徴 feature

EH

連続的な作動圧力を200MPa 以上に確実に保つように設計されています。 マイクロフルイダイザーは単位液量あたりのエネルギーを最大化することで、均一なナノ粒子の生成を可能にしました。 ダイヤモンドインターアクションチャンバーおよびセラミック(ジルコニア)プランジャーを用いることにより、M-110EH-30 は1~2 回の循環で、 O/W エマルションや固体懸濁液などさまざまな液体、ならびに最も困難な酵母菌や植物細胞を含む細胞破砕が可能です。


マイクロフルダイザーLV1

特徴 feature

EH

1 ml の小容量サンプルでスケールアップ性を保証した高剪断ナノテクノロジー処理を実現

他社製品にない利点
処理結果はMicrofluidizer技術を用いてラボから本生産のボリュームまでのスケールアップが可能
高価なサンプルを処理した場合、投資の回収期間は年単位ではなく日単位
サンプル回収率はほぼ100%


マイクロフルイデックス PureNano

特徴 feature

EH

PureNanoは独自の「ボトムアップ型」手法を用い、粒子を分子ごとにマイクロ秒単位で生成します。
粒子を最適な状態で均一なサイズにできるだけでなく、従来は不可能であった微細な粒子の生成が可能となります。
プロセスは(バッチに比べ)連続処理で、結果として非常に高い製品の相純度が達成されます。



マイクロフルイダイザー LM20

特徴 feature

EH
  • プロセス圧力が低い場合でも、卓越した微細化/破砕性能を発揮
  • 冷却機能により、処理中サンプルの温度上昇を抑制
  • 粒径分布の均一化により、無菌濾過時の濾過性能が向上
  • パイロットから実生産レベルにスムーズに移行できるため、開発期間が短縮可能
  • 使いやすいデジタル圧力制御により再現性が向上
  • ドラフトチャンバーに収まるコンパクト設計
  • メンテナンス通知機能やオペレータ警告機能により、長期間にわたって信頼性の高いプロセス性能を確保
  • ファームウェアを設置場所で更新できるため、将来の実験ニーズにも対応可能


↑ページのトップへ

詳細 details

フロー図
フロー図


難溶性薬物の粉砕による溶解性の向上などに
処理前・処理後
SEM写真
酵母細胞の破砕
酵母細胞が破砕されていく様子(光学顕微鏡)
酵母細胞が破砕されていく様子(光学顕微鏡)
酵母や細菌に産生させた酸素などの蛋白質を取り出すために細胞を破砕する。通常、硬い細胞壁をもつ酵母などは破砕が難しい。 
ボトムアップ技術による晶析操作でのナノ粒子生成
SEM写真 光学顕微鏡観察
SEM写真
光学顕微鏡観察
通常の方法(撹拌レベル)ではミリオーダーまで結晶が成長して しまいますが、本法では粒子径を数10~数100mm程度に抑える ことができます。
O/Wエマルションの製造
処理前
乳化が進んでいく様子(光学顕微鏡)

マイクロフルイダイザーで処理したものは10年以上経っても分離しない。
カーボンブラックの解砕
カーボンブラックの解砕
凝集物であれば1回の処理で一次粒子まで解すことも可能です。

↑ページのトップへ

仕様 specification

型式
プロセス圧力
調整範囲

最小仕込量

処理量

動力 寸法(L×W×H)mm
M-110S
20~156MPa 14ml~ 250~600mL/min エアコンプレッサー出力
27L/sec@0.83MPa,11kW
580×530×580
M-110P 35~207MPa 50ml~ 110~155mL/min 単相 60Hz,230VAC,10A 780×560×480
M-110EH ~207MPa 120ml~ ~330mL/min(207MPa)
~450mL/min(173MPa)
三相 60Hz,208/230/
460V,3.7kW
840×870×1480
M-700シリーズ
(M-7115,-7125,-7250)
~276MPa   ~4.7L/min(M-7115)
~7.8L/min(M-7125)
~15.6L/min(M-7250)
三相 60Hz,208/230/
380/460/575V,
11.1kW(M-7115)
18.5kW(M-7125)
37kW(M-7250)
740×1800×1450
LM20 ~30,000psi
(206.8MPa)
(最大プロセス圧力は20,000psi)
14ml~ 60~100mL/min 電動油圧ポンプ式モータ/2.2kW 650×830×600


用途例:ナノ粒子、藻類、酵母菌、大腸菌、エテンザミド、DDS製剤、ナノカプセル化、細胞破砕、ワクチン調製、ワクチンアジュバンド、薬物エマルション、 リポーソーム、難溶性薬物、ポリマー封入等


↑ページのトップへ