パウレックの製品情報

HOME > 製品情報 >  ピンミル粉砕機(コロプレックス/コントプレックス)

ピンミル粉砕機(コロプレックス/コントプレックス)


ピンミル粉砕機(コロプレックス/コントプレックス)
原料の硬・軟質を問わずに広い分野に対応

粉砕原理はピンによる粉砕で、原料が、ドア側に固定されたピンディスク(円盤に多数のピンを取付けたもの)の中央より、回転する本体側ピンディスクの中心部から供給されます。
供給された原料は、回転するピンディスクにより発生する空気の流れと共に分散され、高速で回転する2つのピンディスクの噛み合わせによる衝撃で粉砕されます。また、ディスクの回転速度、原料の供給速度、ディスクの回転方向(正・逆)の変更により種々の原料の粉砕が可能となります。

特徴 feature

コロプレックス、コントプレックス
  • 一般的に 20~40μm程度の微粉砕品が得られる。

  • 粉砕中に発生する熱が少ない。

  • 材料により回転速度を調整することで粉砕が可能。

  • 短時間で連続して粉砕操作が可能。

  • 投入した原料が粉砕されずに通ることがない構造。

↑ページのトップへ

仕様 specification

形式 衝撃盤直径(mm)

粉砕処理量(kg/Hr)

備考
160Z 160 20-100 研究開発/生産用
250Z 250 100-300 生産用

↑ページのトップへ