当社『連続⽣産システム(CTS-MiGRA)』を採⽤頂いた
医薬品が国内にて製造販売承認を取得しました

当社の連続生産システム(CTS-MiGRA)は、販売開始から7 年となりますが、その間海外での連続生産普及に後押しされる形で国内顧客様向けに研究用ラボシステムが徐々に普及、生産機に就きましても製薬会社様数社からご用命を頂いております。

この度、塩野義製薬株式会社様の抗インフルエンザウイルス薬「ゾフルーザ®錠 20mg」について、 シオノギファーマ株式会社様が当社連続生産方式による製造法を追加する国内の製造販売承認事項一部変更承認を 2021 年 9月 8日付で取得されましたことご連絡申し上げます。

今回の連続生産承認は、バッチ生産で生産していた製品を連続生産にコンバートした国内生産製品で最初の一変承認であり、今後同様の生産改善が他製薬会社に広がると期待されます。

当社は、「革新的な医薬品製造技術」のサプライヤーとして製薬会社様をサポートし、より 一層医療に貢献してまいります。

■ 詳細は以下リンクをご参照ください (シオノギファーマ株式会社様 ニュースリリースページ)

   https://www.shionogi-ph.co.jp/news/2021/09/0909.html