連続製造システム

原材料の混合、定量切り出し、加湿、造粒、乾燥、整粒、滑沢剤混合、打錠、計量(計数)、錠剤コーティングに至るまで、各工程のモニタリングしながら連続的に製造するシステムです。

②-1-P14-01.JPG

用途・キーワード

  • 医薬品の連続生産

  • 少人化、省エネ

  • Small Foot Print 

  • QbDに基づいた製剤設計

  • スケールアップ不要 (スケールアウト)

  • リアルタイムリリース (RTRT)

  • 少量多品種生産