医薬

One Stop Solution Providerとして

医薬品業界において、弊社の製剤技術は医薬品原料から製品に至るトータルの工程において、お客様の研究開発から生産技術に対してのソリューションを50年以上の長きに亘りご提案してまいりました。

医薬品.jpg

現在、医薬品産業は、従来の製造方式からの転換期を迎え、バッチ製造から連続製造への転換や、高機能製剤手法の確立、低コスト化への対応といった、技術革新なくしては対応できない課題がたくさんあります。

 

 “患者様にやさしい製剤づくり”

 “アンメットメディカルニーズへの対応”

 “グローバル化など社会情勢に合わせた効率的な生産体制”

 “国内政策の変化に対応した製造コスト低減対策”

 “GMPや法令など規制当局への対応”

 

是非、貴社のお悩みをお聞かせ頂き、

ニーズにマッチしたソリューション(解決方法)をご提案させて頂きたいと存じます。

医薬品製造.png
医薬品の製造
錠剤.png

活用事例のご紹介

事例① エテンザミドの微粉砕(湿式)
エテンザミドの微粉砕(湿式).jpg
事例② 微粒子コーティング事例(数μm~数十μm)
微粒子コーティング事例.jpg
事例③ 連続製造システム
連続製造システム1.jpg
連続製造システム2.jpg

打錠に適した流動性が良く、成形性の良い粉末が連続して安定的に製造できます。

事例④ 直接顆粒化

薬物の溶液もしくは薬物の分散液を直接スプレー噴霧して、顆粒を形成します。

薬物含量が高く、粒子コーティングに適した球形で重質な顆粒が連続的に得られます。

カフェイン.jpg

カフェイン

 (針状結晶/粉砕なし)

エテンザミド.jpg

エテンザミド

  (湿式粉砕 → 顆粒化)

乳糖.jpg

乳糖

  (約10%溶液を顆粒化)

事例⑤ 多本杵によるミニタブレットの製造

近年、ドーズ量の調整や小児用製剤への適用を含め、ミニタブレットへの注目が高まっている。

②-2-P07-01.JPG
②-2-P07-02.JPG

ミニタブレット製造に用いられる多本杵