製品情報

複合型流動層 微粒子コーティング・造粒装置
SFP (Super Fine Processor)
SFP_p01-01_SFP_SFP実物2.JPG
■ 概要
  • 単粒子への微粒子コーティングを流動層で実現。

  • 流動層内部にスクリーン・インペラ方式の解砕整粒機構を組み入れ、これまで凝集等の問題で難しかった数μm~100μmオーダーのコーティングを可能としました。

  • DEMシミュレーションを駆使し、ファンブレードによる流動促進、容器形状の最適化が図られています。

  • 微細粒子の造粒、ワックスコーティングなどにも対応可能です。

  • 第9回仲井賞受賞
    一般社団法人 製剤機械技術学会制定の「製剤技術の向上に貢献し、当年度最も優れた功績」に与えられる賞です。

コーティング法の粒子径別分類

■ 原理
  • 旋回流動方式により、粉体の流動層高が低く抑えられ、装置底部で流動する粒子に対するスプレーコーティング操作が効率的に行えます。

SFP_p03-01_SFP_原理.JPG
  • スクリーンとインペラによる解砕機構により、コーティング操作時に発生する凝集を解砕し、微小な単粒子へのコーティング操作が可能です。

SFP_p04-01_SFP_原理2.JPG
  • 微粒子のコーティングには、粒子の流れを乱さないよう低風量で、かつ、より小さなスプレー液滴が求められます。そのニーズに応えるべく、高圧低風量ノズル「N-LAVノズル」を開発しました。

NPXIIノズル

■ 事例集
  • 凝集させることなく、核粒子のサイズのままコーティングが可能です。

SFP_p06-01_SFP_事例集.JPG
■ 参考論文