製品情報

マルチ粉砕ラボシステム
SLS Scalable Lab System
SLS_p01-01_SLS-DriveUnit-024.jpg
■ 概要
  • 粉砕、解砕、整粒処理の研究開発用途に適した装置です。

  • 目的に応じてミルヘッドを交換して使用することで、省スペース化と設備投資費の低減が可能です。

  • ヘッドは数秒で交換可能です。

  • ヘッドはICタグにより自動認識され、パラメータ設定はタッチパネルで容易に操作できます。

■ 特徴

ドライブプラットホーム1つに複数のヘッドを交換できるマルチな装置

  • コーミル U5
    ・解砕、整粒に適しています。
    ・種類が豊富なスクリーン/インペラ
    ・発熱が少なく低騒音

  • 高性能コーミル H5
    ・Uシリーズよりも微粉領域の整粒が可能
    ・従来の整粒機に比べて粒度分布がシャープ
    ・コーミルシリーズ同様、部品点数が少ない。

  • フィッツミル L1A
    ・粉砕処理に適しています。
    ・5g以下の処理が可能
    ・定量供給システム(VFS)を装備

sls_img03.jpg
SLS_p02-02_U5.JPG
SLS_p02-03_H5.JPG
SLS_p02-04_L1A.JPG
SLS2.jpg
  • フレックスシフト S5
    ・凝集を解す、異物を除去するのに最適。
    ・全周スクリーンによる効率的な篩過を実現。
    ・部品点数が少なく、洗浄が容易。

SLS_p02-05_SLS本体.JPG
  • SLS本体 (ドライブプラットホーム)
    ・各自のヘッドを認識し、スケールアップ可能な速度範囲を自動的に設定可能
    ・ミルヘッドを数秒で交換可能
    ・設備投資および全体的な占有面積を削減可能

SLS.jpg
■ 仕様
SLS_p03-01_SLS-ALL.JPG