採用情報
新製剤技術とエンジニアリングを考える会
ひょうごナンバー1ものづくり大賞
ソフトサポート.png
メンテナンスサービス
お問い合わせ.png
youtube_company_guide.jpg
インスタHPフッター用.jpg
展示会・講演会のご案内
Microfluidizer廃盤機種に関するご案内
カタログダウンロード.png
img_footer_logo.gif
  • YouTubeの社会のアイコン

【本社】 

 〒664-0837 兵庫県伊丹市北河原5-5-5 Tel:072-778-7301(代表)

【東京支店】 

 〒342-0015 埼玉県吉川市中井65-1 Tel:048-982-5100(代表)

【富山営業所】 

 〒930-0083 富山県富山市総曲輪1-5-24 TAMURA BUILDING Tel:076-433-6330

Copyright(C) 2019 powrex corp.all right reserved

製品情報

撹拌混合造粒装置(バーチカルグラニュレータ) 
VGシリーズ
■ 概要
  • 粉体の混合・練合・造粒を一つの容器内で行える装置です。

  • 精密かつスピーディな混合、造粒ができるよう、ベッセル(容器)やブレード(撹拌羽根)、クロススクリュー(解砕羽根)の形状が最適化されております。

  • バーチカルグラニュレータは、その性能、安全性、FDA準拠、GMP、すべてにわたって国際的に対応するように設計、製作されています。

  • 混合、練合、造粒の分野において、その確かな性能と信頼性は、国内はもとよりアメリカ、ヨーロッパにおいて広く採用いただいていることで実証されています。(ヨーロッパ方面は弊社提携先GLATT社で製作、販売)

■ 原理
  • 「混合操作」
    ベッセル(A)内に原料粉体(F)を仕込み、メインブレード(C)による粉体の撹拌と、高速回転するクロススクリュー(D)による解砕を行うことで、粉体原料内部に強いせん断作用が生じ、原料内部の分散がなされて精密混合が瞬時に行えます。

  • 「造粒操作」
    バインダー液を上部より添加することで、混合原料中にバインダー液がせん断・分散され、液架橋力による粉体同士の結合が行われて造粒が始まります。さらに、転動・圧密作用により、しっかりとした粒になっていきます。
    加液量、回転速度、運転時間等の運転パラメータを調節することで粒子径分布・球形化・重質化の度合いを調整することが可能です。

  • 「排出操作」
     製品はディスチャージ(E)を開き、メインブレードを回転させることで、速やかに排出されます。

  • 「調温機能」
     ジャケット(B)内に温度調整された媒体を流すことで、ベッセル内を加温・冷却が可能です。

運転中の装置内の状態

(二種粉体の混合・造粒モデル実験)

撹拌造粒のイメージ図

医薬仕様 P型
■ 特徴
  • 最小1mLから処理可能な超極少量処理装置です。研究開発に最適です。

  • 生産機と同じチャンバーを使用しており、生産スケールへのスケールアップが可能です。

  • ジャケット(オプション)を使用することにより、製品冷却・加温が可能です。

■ 仕様
医薬仕様 載せ替え方式 VG-25M/10/05型

5L

10L

25L

■ 特徴
  • 載せ替え方式の採用により、設置スペースのコンパクト化が図れます。必要に応じて5L、10Lのベッセルを追加できます。

  • 新設計により、容器の切り替え時間が短縮され、ハンドリングが容易になりました。

医薬コンテインメント仕様 CT型
■ 特徴
  • 高薬理活性の薬物取扱いに対し、コンテインメント性及び高レベル洗浄性を実現したCTシリーズです。
     

  • コンテインメント性能​
    ・装置各部位については装置内の薬物が外部に漏洩することがないよう気密性を確保。
    ・作業者が粉粒体に暴露することがないよう洗浄ノズルを壁面一体構造として設置し、自動洗浄が可能となりました。
     

  • 高レベル洗浄性能
    ・粉溜まりがなく、洗浄液がゆきとどくような接粉構造とし、高レベルの洗浄性を追求。
    ・自動洗浄は洗浄工程・洗浄時間の設定および化学洗剤による高レベル洗浄を実現しました。

■ 仕様
食品仕様 F型
■ 特徴
  • 機能面は変えずに、食品業界様向けに分解・洗浄性を考慮し、構造はシンプルな仕上がりに、ベッセル部は直胴にしました。
     

  • ブレードを水平に保ったまま取り出せるため、分解・洗浄作業が容易です。
     

  • 他の仕様同様に、ブレードとベッセルのクリアランスは極少であり、付着の減少と効率の向上が図れます

■ 仕様
研究室仕様(超少量仕込) VGmm型
■ 特徴
  • 50~100mLの粉粒体の造粒操作が可能。メインブレードはZブレード(特許)を採用
     

  • 透明アクリル或いはガラス容器採用により内部流動状態確認可能。メインブレードはZブレード形状。ブレード・クロススクリューはトップドライブで微小原料の飛散防止。
     

  • 装置重量は30㎏で、卓上操作が可能です。
     

  • 回転数はタッチパネルで簡単に設定可能。
     

  • インタロックによる回転体からの作業者保護
     

  • オプションにてリアルタイムのトルク表示可能。

■ 仕様
医薬仕様 真空乾燥型 T型
■ 特徴
  • 造粒物に乾燥手段として、ジャケットの加熱、熱風吹き込み、真空方式にマイクロ波加熱方式を加えました。
     

  • 減圧下の沸点の低下による低温乾燥が可能になり、プロセスの完全クローズド化が実現しました。
     

  • さらに、ワンポットで造粒、乾燥が行え、洗浄も容易になりました。

医薬仕様 ベッセル直胴型 S型
■ 特徴
  • 機能面は変えずに、構造はシンプルな仕上がりに、ベッセル部は直胴にしました。
     

  • ブレードを水平に保ったまま引き出せるため、分解・洗浄が容易です。
     

  • また、ブレードとベッセルのクリアランスは極少にでき、付着の減少と効率の向上が図れます。

医薬仕様 ベッセル分割型 U型
■ 特徴
  • ベッセルの直胴部とテーパ部を分割しました。
     

  • ブレードを水平に保ったまま引き出せるため、メンテナンスが容易です。
     

  • また、ブレードとベッセルのクリアランスは極少にでき、付着の減少と効率の向上が図れます。
     

  • ブレードやクロススクリューの構造は、基本的には標準タイプと同じです。