製品情報

連続式直接顆粒化装置
CTS-SGR
■ 概要
  • 液体原料から直接顆粒を連続的に製造する装置です。

  • 得られる製品は球形性が高く、高密度、賦形剤核粒子が不要なため、有効成分が高含量で、均一な粒子径分布といった特徴を持ちます。

  • 従来のスプレードライ+造粒の工程をひとつに。コストカット省力化が図れます。

  • 含量均一性が求められる顆粒製造、ミニタブレット製造、OD錠用薬物顆粒の製造におすすめです。

  • ラボスケールの装置は、MP-01に搭載可能です。

  • 第17回仲井賞受賞
    一般社団法人 製剤機械技術学会制定の「製剤技術の向上に貢献し、当年度最も優れた功績」に与えられる賞です。

直接顆粒化のイメージ

■ 原理
  • ステップ①
    流動層中での顆粒の原液をボトムスプレーすることにより、直接的にシード粒子を生成 [スプレー顆粒化ゾーン]
     

  • ステップ②
    スプレーの継続によるレイヤリング造粒、球形化、重質化
     

  • ステップ③
    吸引エアによる顆粒化ゾーン中の顆粒の吸引と分級エアによる分級操作と、未造粒粒子(小粒子)のスプレーゾーンへのリターン [分級ゾーン、粒子戻りライン]
     

  • ステップ④
    回収エアによる製品の回収 [製品回収ライン]
    ステップ①~④の繰り返しによる連続的な直接顆粒製造

■ アプリケーション事例
  • 豊富なアプリケーション実績で、様々な原料に対応可能です。

■ 高圧ホモジナイザーとのコラボレーション事例
  • マイクロフルイダイザーで液中固形物を粉砕・分散させることで、さらに品質の高い球形粒子を製造することができます。

■ 参考論文
■ 仕様
  • 実験スケールSGR-01、生産向け10倍スケールのSGR-Xをラインナップ。

  • 今後、お客様のニーズにお応えして装置ラインナップを増やしていく予定です。
    詳細につきましては、弊社営業までお問い合わせください。

FD-MP-01-CTS-SGR
 (SGR-01)

CTS-SGR-X

youtube_company_guide.jpg
カタログダウンロード.png
新製剤技術とエンジニアリングを考える会
パウレックのインスタ.png
紺綬褒章2回目バナー.jpg
紺綬褒章1回目バナー.jpg

【本社】 

 〒664-0837 兵庫県伊丹市北河原5-5-5 Tel:072-778-7301(代表)

【東京支店】 

 〒342-0015 埼玉県吉川市中井65-1 Tel:048-982-5100(代表)

【富山営業所】 

 〒930-0083 富山県富山市総曲輪1-5-24 TAMURA BUILDING Tel:076-433-6330

Copyright(C) 2020 powrex corp.all right reserved